採用適性検査

新卒・中途採用向け

採用時のミスマッチを未然に防ぐ2つの検査プラン

検査対象者の言葉には現れない性格、仕事へ対する姿勢や取り組み方などの内面に潜む要素を、計35項目に渡って数値化。加えて「面接時の注意点」も個別に併記しているので、受験者の性格を見抜く的確な質問を可能にします。

一般的な検査であるベーシックプランに加え、対象者の適正職務が確認できる、職務検査を加えたプランも新設いたしました。自社で活躍してほしい特性に合致しているかがより判定しやすくなります。より優れた人材確保のための羅針盤として、ぜひご活用ください。

アールイープロデュース限定特典の内容

○「面接質問事例集108」の提供(初回時)

企業の経営者や人事担当者が面接する際に何を質問して良いか悩むものです。そんな企業様に対して、面接時の質問内容、とりわけ面接の進め方(志望動機や学校生活など)や不適切な質問、聞いてはいけない質問など、を集めた面接する側を助ける面接事例集をご提供させて頂きます。

○個別電話コンサルティング

無料で適性検査結果の見方や採用へのアドバイス等を電話で行います。
適性検査CUBICを、最初にご利用頂く場合、弊社から「CUBIC適性診断説明書」を送付させて頂いておりますが、その解説書では適性診断結果のどこを見たらよいかわからない場合があります。電話コンサルティングでは、面接した採用予定者ごとに、帳票のどこを主眼に読み込み、自社の配属部署や職種にうまく適合するかどうかを電話でヒアリングしながら採用時の判断材料になるようアドバイスさせて頂くサービスです。電話で適性検査結果の疑問点をすべて解決できます。特に適性検査CUBICの利用を始めたばかりの企業様はご好評を得ています。

○「個人別診断分析レポート」の提供

御社の職種や職務をヒアリングしたうえで、採用予定者に対して個別の診断分析レポートを無料で作成し、送付させて頂きます。弊社の完全オリジナルで適性検査CUBICに精通した人事専門家が、御社の企業ニーズと適性検査の結果を踏まえて、受け入れる部署での活躍の度合いやどんな仕事のさせ方をすれば良いか等のある程度具体的なアドバイスを行います。「個人別診断分析レポート(フォーマット)」

採用適性検査 分析結果サンプル

適性検査ベーシックサンプル

検査対象者の性格や仕事へ対する姿勢などを現す35項目の数値グラフに加え、受験者本人による自己分析や検査結果から類推される面接時の注意点などを網羅しています。

性格、思考回路、価値観、社会性などを受験者の内面を数値化して表示
※画像クリックで拡大
面接時の参考となるよう、性格診断から心理イメージをイラストで掲載
※画像クリックで拡大

ベーシック+職務適性サンプル

ストレス耐性、職務適性についての診断結果が追加されています。受験者がストレスを感じやすい場面を想定し、性格・パーソナリティ、社会性、意欲・ヤル気からそれぞれへの耐性を指数化してあらわしています。指数が低い人は「その場面が苦手=ストレスを感じる」となります。職務適性では、受験者がどのような業務に適性があるのか計ることができるため、人事配置のミスマッチが防げます

「ストレス耐性」が追加。受験者がストレスを感じる場面を指数化して掲載
※画像クリックで拡大
ベーシックプランと同様、面接時の参考となる心理イメージを掲載
※画像クリックで拡大
「職務適性」が追加。どのような業務に向いている人材かがわかる
※画像クリックで拡大

ベーシック+職務適性サンプル+個人別診断分析レポート

「ストレス耐性」が追加。受験者がストレスを感じる場面を指数化して掲載
※画像クリックで拡大
ベーシックプランと同様、面接時の参考となる心理イメージを掲載
※画像クリックで拡大
「職務適性」が追加。どのような業務に向いている人材かがわかる
※画像クリックで拡大
個人別診断分析レポート
※画像クリックで拡大

お客様の声

CUBICは採用支援の最強ツールです。

適性検査CUBICの武器は「面接時の注意点」です。応募者が質問されると悩むようなコメントが掲載されており、弊社はこの返答に困る質問を2回目の面接で実施しています。質問を投げかけ、微妙な表情の変化や過去の体験談の語り方などで信憑性や具体性を聞き、採用判定を行っています。どれだけ面接で「賢いこと」を言っていても、この手の具体的な過去の経験話をさせると、途端に所作が不安定になる人がいます。この段階で採否は100%確信します。
東京都 営業会社

Copyright © 2018 適性検査キュービック All rights reserved.